自己分析するならストレングスファインダー1択【よく分からない人必見】

YouTube

こんにちはゆきむらです(@yukimuraomg)

みなさん自己分析してますか?

大学生だと就活の時にするイメージがあると思いますが、僕は自己分析は誰もがするべきものだと思っています。

なぜなら自己分析をしておけば生きていく上で、選択が楽になったり自分のやりたいことなどを見つける手助けをしてくれるからです。

ゆきむら
でも自己分析ってどうやってやるの?

そんな人におすすめなのが、

ストレングスファインダー

2,000円程度かかってしまいますがこれで人生変わるならやりますよね。

詳しく解説していきます。

ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダー 自己分析

ストレングスファインダーとは、177個の質問に答えることで34個に分けられた資質(才能)のうちあなたの上位5つの才能を出してくれます。5つの組み合わせの数は順番も含めると3,300万通りにもなるのでほぼ唯一無二のあなたにしかない才能を診断してくれます。

それぞれの才能は、強みとなる時もあれば弱みとなる時もあり自身の行動で制御してより良い人生を送れるようになります。

▼34個の資質

  1. 達成欲
  2. アレンジ
  3. 信念
  4. 公平性
  5. 慎重さ
  6. 規律性
  7. 目標志向
  8. 責任感
  9. 回復志向
  10. 活発性
  11. 指令性
  12. コミュニケーション
  13. 競争性
  14. 最上志向
  15. 自己確信
  16. 自我
  17. 社交性
  18. 適応性
  19. 運命思考
  20. 成長促進
  21. 共感性
  22. 調和性
  23. 包含
  24. 個別化
  25. ポジティブ
  26. 親密性
  27. 分析思考
  28. 原点思考
  29. 未来志向
  30. 着想
  31. 収集心
  32. 内省
  33. 学習欲
  34. 戦略性

ストレングスファインダーの活かし方【ゆきむらの資質公開】

ではこのストレングスファインダーをどのように活かしていくのか。

まずストレングスファインダーの本を購入するとコードがついてきます。そのコードを受験時に入力。

※購入時中古は買わないでください。受験のためのコードがついていません。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 〈ストレングス・ファインダー2.0〉 ストレングス・ファインダー2.0 [ トム・ラス ]
created by Rinker
Gallup Access
Gallup Access
開発元:Gallup, Inc.
無料
posted withアプリーチ

その後177個の質問に答えていきます。(大体20〜30分ぐらいで終わります)

▼ゆきむらの資質(2020年4月受験)

受験が終わると自分の上位5つの資質が表示されます。

また受験後、プラスで3,000円ぐらい払うと34個全ての資質をみることができます。

そしてそれぞれの資質についての説明と詳しい卓越している点を解説してくれます。

ゆきむらの例「最上志向」

<卓越している点>

生まれながらにして、あなたは自分の短所に悩むよりも長所について考えることに時間をかけます。 通常、あなたの才能を活かせる場合には仕事がはかどり、より良い結果を生み出します。 多くの場合、あなたは、自分の才能に関して高い意識を持っています。 才能をさらに伸ばし、強みへと発展させることは、あなたにとって最も優先順位が高いことの1つです。 あなたは、疑いなく自分の才能をこれまでとは違うやり方で使う機会を探っています。 おそらくあなたは、 自分が得意だとわかっていることにほぼすべてのエネルギーを集中させます。 「なぜ自分を直そうとする
ことで時間を浪費するのか」とあなたは問いかけます。生まれつき得意なことを活かす方が賢明で合理的だとあなたは主張します。 持っている才能によって、あなたは、 人に影響を与えて行動を起こさせようとする際、全ての人に対して同様のアプローチをとることはありません。 その代わり、各人の特別な才能、スキル、知識、使命、選好、嫌悪を見つけ出します。そうして得た情報から、あなたは言葉や行動を相手に合わせることができます。 強みによって、あなたは 自分が最近達成したことに注目することが自然とできます。 あなたは常に、優れた業績を上げた瞬間を満喫し
ます。 それによって、自分が得意なことをより正確に把握できるでしょう。

簡単にまとめると自分の得意なことを活かすことに全集中して、苦手なことには見向きもしないということです。

捉え方によればポジティブとか、そういう見方もできますが自分の苦手なことに手を付けようとしないためデメリット的な部分もあります。

ですが解決策として「回復志向」などを持った人と組むことによってお互いの弱点を補うことができます。

ゆきむら
つまり?

自分は得意なことに集中してできないことは他人に任せてしまうというやり方が向いているわけです。

特にこの最上志向という資質は、経営者やフリーランスの人で持っている人が多いです。

こういった部分で自分にあった働き方などを見極めたりもできます。

▼最上志向を活かした普段の行動

・苦手なこと、嫌いなことはやらない
・モチベーションが上がる人と作業、行動する
・作業中のSNS遮断

そしてこの最上志向単体だけで考えるのではなくその他の資質と組み合わせることでさらなる力を発揮できます。

最上志向←分析思考、学習欲

自分の強みを活かすため分析思考による改善また他の人を分析して自分のものにする、そして学習欲によるさらなるスキルアップを望めるというわけです。

ゆきむら
つまり弱点さえ補えれば最強になれます。

まだ難しい部分もあると思いますが、資質と職業を組合せたらわかりやすいかもしれません。
※あくまで例です

  • 回復志向・・・看護師、介護士などの医療従事者
  • 自我・・・他人からの承認に喜びを感じる、メディアなどに露出したりするもの(SNS、テレビ)
  • 競争性・・・数字など目に見えてはっきり優劣がわかる営業職など

わかりやすいものを例に上げました。

また就活生はやりたいことがなく企業選びにかなり苦労する人もいますがストレングスファインダーを参考にして資質を活かせる職種につくのも一つの手です。

やりたいことであっても自分に向いてるとは限りませんからね。
好きでないことでも、うまくいけば楽しいに決まってます。

ストレングスファインダーで自己分析して考え方が変わった

このストレングスファインダーをやることで自分のやるべきこと、得意なこと苦手なことが丸わかりになります。

そしてたまにつまづいたりすることもありますが、簡単に解決策を見つけたりそもそもこれは俺の苦手なことだからと割り切って行動することができます。


これって就職活動だけじゃなくて、人生において必要だと思いませんか?


なかなかうまくいかないと悩んでいるのも、そもそもそれ自体が向いてないか取り組み方が間違っている可能性があるわけでストレングスファインダーで一発で解決します。

周りがうまくいっててだめだー、と落ち込むんじゃなくて自分が勝てる領域で勝負するって考え方をしましょう。


それぐらいストレングスファインダーが考え方に大きく影響しています。


そして行動していくうちに自分の考え方も変わってくるので1〜2年おきぐらいに再度受験し直してみると、苦手だった才能が得意になってたりします。

▼2018年ぐらいにやったやつ

最上志向と着想はそのままに、前は競争性や責任感、自我がありました。

おそらく何回やっても最上志向と着想は変わらないだろうなと思っています。

H2 まとめ

最後に自己分析はして終わりじゃありません。

自己分析をして行動に移す。でなければ全く受験した意味がありません。

本とかも一緒です。読んで終わりじゃなく活かす。


もう一度いうとたった2,000円で人生変わります。

大学生は一回飲み会我慢しましょう。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 〈ストレングス・ファインダー2.0〉 ストレングス・ファインダー2.0 [ トム・ラス ]
created by Rinker
Gallup Access
Gallup Access
開発元:Gallup, Inc.
無料
posted withアプリーチ