【画像付き】stand.fm(スタンドエフエム)の収益化は?使い方など詳しく解説!

YouTube

こんにちは幸村です。(@yukimuraomg)

最近YouTubeやライブ配信が流行っていますが、今少しづつ伸びてきている「音声配信」

その中で僕もまだ始めたばかりですが使っている音声配信アプリ「stand.fm(スタンドエフエム」を紹介したいと思います!

他にもいくつか音声配信アプリはいれてみたのですが「stand.fm」が個人的に一番ユーザー重視で作られておりすごく使いやすかったです。

その配信機能や使い方、また収益化は可能なのか?などわかりやすく解説していきます。

stand.fm - 音声プラットフォームアプリ

stand.fm – 音声プラットフォームアプリ
開発元:newn inc.
無料
posted withアプリーチ

音声配信アプリ「stand.fm」とは

stand.fm
引用:https://stand.fm/

「stand.fm」は誰でも、どこでも、スマホ1台でラジオ配信ができるアプリです。
まだリリースされてからまもないですが少しづつ成長しているアプリです。

とてもシンプルな操作で自身のチャンネルを持つことができて、収録配信もしくはLIVE配信を行うことができます。

また離れていても複数人での収録や、ゲストを交えてのLIVEも可能です。


現在(2020年9月時点)「stand.fm」には、

  • 田村淳さん(田村淳の移動中ラジオ)
  • 篠田麻里子さん(篠田麻里子ん家)
  • 優木まおみさん(letter from 優木まおみ)

などの芸能人の方も配信やLIVEをしています。

stand.fm 使い方
stand.fm

ホーム画面はこんな感じで色んな方のチャンネルが出てきて、下にスライドしていくとカテゴリーごとに配信が振り分けられています。

ホームの一番右上には検索ボタンがあり「話題のチャンネル(急上昇?)」が表示されユーザー名やチャンネル名を検索が可能。

そして全て基本無料
(ios版では一部LIVE配信中の投げ銭はありますが基本無料で聴くことができます。)

もちろん音声のバックグラウンド機能にも対応しているため通勤や通学、作業中でも使いやすいです。

stand.fm - 音声プラットフォームアプリ

stand.fm – 音声プラットフォームアプリ
開発元:newn inc.
無料
posted withアプリーチ

「stand.fm」にはどんな配信があるのか

「stand.fm」には様々なカテゴリーの配信があって、

  • 雑談
  • 趣味
  • ビジネス
  • 美容
  • ライフハック
  • 音楽

など。

かなり多くのジャンルの配信が毎日投稿されています。

実際に触って色んな方の配信を聞いてみましたが、ビジネス系やゆるい雑談、ライフハック系の配信が多いのかなと思いました。

▼僕も趣味(アニメとか)や大学生向けなどの配信をしていますので是非(笑)

stand.fm 幸村

「stand.fm」は収益化が可能

「stand.fm」では配信者が再生時間に応じて収益を受け取ることができる「SPPプログラム(審査制)」があります。

株式会社stand.fmは音声配信アプリ「stand.fm」で、配信者の収益化を支援する「stand.fmパートナープログラム(SPP)」を開始いたします。SPPの第一弾として、再生時間に応じた収益還元プログラムをリリースしました。審査を通過した配信者は、再生時間に応じた収益を受け取ることが可能。今後コンテンツ販売、サポーター機能も利用可能になります。

引用:PR TIMESより

※2020年内は再生時間1時間あたり4〜6円の還元キャンペーンを実施中ですが、単価は利用状況によって変化することもあります。

▼SPP(stand.fmパートナープログラム)の申請方法

SPPは審査制ですが誰でも申請を送ることが可能です。

配信者のSNSやチャンネルのフォロワー数、発信内容によって審査されると記載がありますが、明確な基準は公表されておりません。

チャンネルページ右上のところから申請することができます。

stand.fm 使い方
stand.fm 収益化
ゆきむら
将来的には配信の前後に広告が挟まれて広告収入を得ることが可能になる可能性も!

また2020年9月時点では実装されていませんがPR TIMESにて、

  • 有料コンテンツの販売
  • 配信サポーター(月額登録制)


での収益化もできるようになる予定と発表されています。

ゆきむら
つまり多くの人が参入する前に始めるべき!?

「stand.fm」が他の音声配信アプリと比べて優れているところ

では他にも音声配信アプリはありますが他と比べてどのようなところが優れているのかまとめてみました。

  • 操作性がかなりシンプルでアプリをいれて3分で始められる
  • 視聴者にフォロワー数やリアルタイム視聴者数などが表示されないため距離感が近く楽しみやすい。
  • 視聴者・配信者層が大学生〜社会人と他のアプリと比べ高めなので不快な配信がない
  • とにかくユーザーに配信を楽しんでもらえることを重視している


▼配信で大切なポイント(stand.fmより)

stand.fm

またリリースして間もないため自身の配信の視聴機会を増やしやすいです。

「stand.fm」を利用して感じた物足りないところ(2020/9月時点)

僕は実際に「stand.fm」で配信しているのが使っていて感じた不満や物足りないところをまとめてみました。

ですがまだリリースしてまもないので今後改善されていくと思われます。

  • iosとAndroidで操作性や機能に差がある
    →Androidを使っていますが動作が重い(スマホの性能差かもしれませんが)、落ちやすいなど
stand.fm 評判
Googleplaystoreのレビュー
  • 検索ボタンからカテゴリーからまた#のワード検索ができない
    →ホームから下までスライドしないといけない
  • コメントに対して返信機能がなく名前をつけないと誰に返信したかわからない
    (コメントが付いても相手にそもそも通知がいかない?)
  • 収録画面の「質問募集」と「レター」は同じ機能(Android版のみ)


といったように個人的な意見ではありますが物足りないと感じたところです。

ですが音質であったり収録やLIVEの手軽さは良いので今後に期待です。

stand.fm エンジニア
引用:https://stand.fm/

↑エンジニアを募集しているそうなので興味ある方はいかがでしょうか。

ゆきむら
アップデート期待してます!(笑)

>>stand.fmアプリ内に機能要望のページがあります

「stand.fm」の登録方法

「stand.fm」の登録には、

  • メールアドレス
  • appleID
  • twitter

のアカウントと連携して登録することが可能です。

stand.fm - 音声プラットフォームアプリ
stand.fm – 音声プラットフォームアプリ
開発元:newn inc.
無料
posted withアプリーチ

プロフィール編集の仕方

stand.fm 使い方

右上にある「・・・」のマークをタップします。

一番上にプロフィール編集がありますのでそこからトップ画像やチャンネル名などの変更が可能です。

stand.fm 使い方

一番下には、

  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube

のリンクも貼ることが可能でチャンネルのトップページにアイコンが表示されます。

stand.fm 使い方

自分のチャンネルをシェアする

自分のチャンネルをシェアからチャンネルのURLをコピーできるのでSNSなどで拡散することができます。

stand.fm 使い方

アナリティクス

アナリティクスでは自分が投稿した配信の

  • 再生数
  • コメント数
  • いいね数

を閲覧することができます。

個人的にはYouTubeのように平均再生時間などもわかると良いなと思います。

stand.fm 使い方
ゆきむら
もっとコンテンツを増やしていきたい、、

「stand.fm」の配信方法とそれぞれの機能

では「stand.fm」ではそんな簡単にラジオ配信などできるのか。

ゆきむら
僕も実際に使っていますが暇なときや寝る前にサクッと配信してます。(笑)

それぐらい手間も全くかかりません。

まず矢印のあるマイクをタップします。

stand.fm 使い方
stnad.fm 使い方

するとこのように出てきますので配信したい方法を選択。

収録とは録音をして音声を投稿、LIVEは生配信です。

収録配信のやり方と機能

収録の場合は赤いボタンを押すと収録が始まるもう一度押すと一時停止になります。

  1. 収録を始める前にネタが思いつかない時、SNSで共有して質問や悩みなどを募集できます。
    話題が思いつかない場合も安心。
    (誹謗中傷のコメントなどは自動で除かれます)

    >>レター募集についてはこちらから
  2. テーマは今週のハッシュタグが設定されています。
    そこから1つ選ぶことで配信をたくさんの人にみてもらえるかもしれません。
  3. 「stand.fm」には7種類のジャンルのBGMが備わっています。
    自分で編集して加えたりなどする必要がなく音量もかなり抑えられており声を邪魔しません。
  4. 編集は必要のない部分をカットまた途中から音声を追加収録できます。
  5. アプリを持っていない人でもURLで招待して収録に参加できます。
  6. 自身で用意した収録音源をアップすることも可能
    (曲によっては楽曲申請が必要)

編集などが終わったら右上の「次へ」を選択。

stand.fm 使い方
  • カバー写真(正方形に収まるものがおすすめ)
  • タイトル(聞きたくなるようなタイトル)
  • カテゴリーの選択
  • 放送の概要
  • ハッシュタグの設定


を全て設定したら右上の確認を押して投稿完了です。

台本などなくてもある程度テーマなどを決めておけば途切れてしまっても切り取りで消せます。
なので話したいことを思いついたらすぐに投稿することができます。

逆に簡単な台本を用意して聴いてる人が聴きやすいような配信にすることも可能です。

▼サムネイルの画像の編集に便利でテンプレのデザインもあって使いやすい

Canva-名刺,ロゴ,チラシ,サムネイル,ポスター作成

Canva-名刺,ロゴ,チラシ,サムネイル,ポスター作成
開発元:Canva
無料
posted withアプリーチ

▼収録配信の注意点

  • Android版では別の録音アプリなどで録音した音声やファイルは投稿できない
  • stand.fm内以外のBGMは使えない
    (使用する場合楽曲申請が必要)
  • 高音質だが雑音が入りやすいため雑音に注意
  • コラボ収録は最大4人まで(自分含む)

LIVE配信のやり方と機能

LIVE配信に関してはもっと簡単です。

右のライブ配信ボタンを押すと、

  • タイトル
  • 公開設定(全体公開、URLを知っている人のみ聴ける限定公開)

この二つだけを設定して開始ボタンを押したらすぐに始まります。


右上のボタンからURLをコピーしてSNSでの共有ができます。

iOS版では配信者を招待してのコラボ配信も可能。
>>複数人でのコラボ配信について

ユーザー数も多くないことからLIVE配信のカテゴリーでは現在上位に表示されやすい状況なので視聴者数を増やしていきたい人にもおすすめ。

また配信する時間も21〜22時などアクティブユーザーが多い時間帯にやると視聴数も増えるかも。

▼LIVE配信の注意点

  • 生配信なので沈黙が続かないように事前にテーマなどを作ったりSNSでの質問を募集しておく
  • 個人情報が漏れないような環境で配信する
  • コラボ収録は最大5人まで(自分含む)

レター募集の編集方法

レターとはSNSなどで共有して質問や配信テーマなどを募集することができます。

さらにレターを送る方は匿名で送信することができるので普段話せないような悩みも気軽に質問できちゃいます。

※レター募集は収録機能でのみ利用可能。

stand.fm 使い方

チャンネルページのレター設定を選択。

初期状態は「質問や放送のお題を募集しています」になっているので必要であれば変更しましょう!

stand.fm 使い方

▼こんな感じでSNSで共有できます。

stand.fm 使い方

複数人でのコラボ配信のやり方(2020/9月時点iOS版のみ)

僕自身Androidなのですがコラボ収録について簡単に説明します!

まずコラボ収録についてですが、

収録の場合

  • 最大4人での収録が可能(自分含む)
  • 2020年9月時点ではiOS版のみ対応
    (参加もiOSのみ)
  • 「ゲストを招待」からURLを送信して参加してもらう
  • ホストが収録ボタンを押すと収録開始
    (もう一度押すと一時停止も可能)


収録画面真ん中の「ゲストを招待」をタップ。

stand.fm コラボ配信
引用:stand.fm
stand.fm コラボ配信
引用:https://stand.fm/

URLをコピーして送信、ゲストはURLから参加します。

LIVE配信の場合

  • 最大5人での配信が可能(自分含む)
  • 2020年9月時点ではiOSのみ対応
    (参加もiOSのみ)
  • 「ゲストを招待」からURLを送信して参加してもらう
  • リスナーも配信リクエストを送って参加が可能


配信開始後、リストより配信者を選択して招待します。

またリスナーは左下の「参加👋」を選択して、配信者がリクエストを許可するとLIVEに参加することができます。(iOSのみ)

stand.fm コラボ配信 招待
引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000056192.html

「stand.fm」はこんな人におすすめ

「stand.fm」での配信は以下のような人たちにおすすめです。

  1. 普段、または自粛の影響で全く人と喋る機会がない人
  2. 思いついたことや考えを手軽にコンテンツ化したい人
  3. 動画のように編集などの手間をかけたくない人
    (寝る前にサクッと配信できる)
  4. 普段発信しているSNSより、クローズドな発信をしていきたい人
  5. 音声配信で少しづつ収益化していきたい人

「stand.fm」のよくある質問

質問についてはこちらのページに詳しく記載されています。

>>stand.fm公式HP/よくある質問

「stand.fm」は今後に期待したい

ここまで画像付きで詳しく解説していきましたがまだまだリリースして日が浅いです。

なので今後のアップデートでより使いやすく、さらに見やすいUIになっていくと思います。

また収益化要素も徐々に増えていく予定なので今のうちに配信を始めたいと思う人もいると思いますが、動画配信などと違い手軽に配信できることがメリットだと思いますので楽しく配信を続けていくのが大切です。

DLして3分で配信を始められるので興味ある方は是非!

配信ではなく聴く側も楽しいですよ!

stand.fm - 音声プラットフォームアプリ

stand.fm – 音声プラットフォームアプリ
開発元:newn inc.
無料
posted withアプリーチ

【おすすめバイト10個厳選】大学生が稼げて楽しいバイトを紹介!